遺品整理とは・・・

遺品整理とは…

生活をする上で誰しも自分の所有物があると思いますが、生きている間はその所有物を自分で使用することや売却すること、譲渡することなど自分の意志で自由に行うことができるようになっていますが、死んでしまうと所有物はただの動かない物になってしまうため、誰かがどうにかする必要があります。

ちなみにこの死んでしまった後の動かない所有物を遺品と呼んでいますが、人が亡くなると必ず遺品という物が出てくるため、この遺品を故人の身内や親しかった人の間で分けることになりますが、その前にどのような遺品があるかというのを確認する必要があるので、故人が住んでいた家の部屋の荷物を分かりやすいように整理しますが、これを遺品整理と呼んでいます。

遺品は故人が所有していた所有物ですが、亡くなってしまった後は法的によって所有物は遺言に書かれている人か身内の所有物になるのが一般的で、遺品を巡ったトラブルはかなり多いため、遺品整理をする場合は遺品整理士と呼ばれる人に遺品を整理してもらって弁護士などの法律の専門家に正しく遺品を分けてもらうことになります。

遺品には故人の思いが深く込められているため、本来なら故人の意志を尊重して遺品整理が行なわれるべきですが、亡くなってしまった以上は故人が誰に遺品をあげるかということを知る術はありません。

遺言を書く時間が十分にあった場合はまだ良いのですが、急死してしまった場合はより遺品整理をして財産分与をするのが困難になります。

対応エリア

エリアによって電話番号が異なります。ご依頼するエリアをお選び下さい。
※ご依頼主が「東京」で、作業場所が「大阪」の場合は「大阪」へお問い合わせ下さい。

  • 東京、埼玉エリア
  • 大阪、京都エリア
  • 愛知(名古屋)エリア
  • 岐阜エリア

メールでのお問合せはこちら