形見分け遺品の種類

形見分け遺品の種類…

遺品整理を進めて行くと様々な遺品があることに気付くと思いますが、遺品というのは人一人の所有物で、言い換えればその人の生きた証ということにもありますが、この大事な遺品を遺族や身内で分ける場合は故人が遺品に込めた思いも受け取って譲り受けるというのが故人に対してできる唯一のことだと思います。

遺品と言ってもゴルフや釣竿と言った趣味の遺品からブランド品のバッグや洋服などの衣類、カメラやビデオカメラなどの電化製品、そしてお金や土地、有価証券なども遺品になりますが、遺品が多ければ多いほど遺品整理も大変になるので、それだけ遺品を巡るトラブルが増える可能性も高くなります。

遺品にはこのようにたくさんの種類がありますが、身内だけで遺品整理ができないのであれば早めに遺品整理業者に依頼して遺品整理をしてもらうことをおすすめしますが、赤の他人に遺品を触られたくないという遺族の気持ちも分からなくはありません。

しかし、赤の他人だからこそ平等な視野で遺品整理ができることもあるので、一概に遺品整理業者に依頼して遺品整理をすることが悪いというわけではなく、特に故人が遺品を多く残したなら遺品整理をしてもらうという選択肢は大いにあります。

自分が残した所有物で大事な身内が争いあっているようでは死んでも死にきれないので、遺品整理をする場合は故人を偲びながら思い出を身内と語りあって、故人とも思い出を語ってあげることが故人にとっても最良ではないでしょうか。

対応エリア

エリアによって電話番号が異なります。ご依頼するエリアをお選び下さい。
※ご依頼主が「東京」で、作業場所が「大阪」の場合は「大阪」へお問い合わせ下さい。

  • 東京、埼玉エリア
  • 大阪、京都エリア
  • 愛知(名古屋)エリア
  • 岐阜エリア

メールでのお問合せはこちら